総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  町政  >  町の話題  >  第92回「箱根駅伝」MVP 久保田和真選手(青山学院大)へ福原町長から金栗四三杯が授与されました
ホーム  >  分類から探す  >  教育・スポーツ・文化  >  社会教育・社会体育  >  第92回「箱根駅伝」MVP 久保田和真選手(青山学院大)へ福原町長から金栗四三杯が授与されました
ホーム  >  組織から探す  >  和水町役場 本庁(菊水庁舎)  >  社会教育課  >  第92回「箱根駅伝」MVP 久保田和真選手(青山学院大)へ福原町長から金栗四三杯が授与されました

第92回「箱根駅伝」MVP 久保田和真選手(青山学院大)へ福原町長から金栗四三杯が授与されました

社会教育課 TEL:0968-34-3047 FAX:0968-34-2033 メール syakai@town.nagomi.lg.jp
金栗四三杯

金栗四三杯を受賞した久保田和真選手

 正月の風物詩として定着した東京箱根間往復大学駅伝競走(通称:箱根駅伝)は、本町出身で「日本マラソンの父」と称される故・金栗四三氏が創設された大会です。

本町では、金栗氏の名前を箱根駅伝の歴史に刻むとともに、町のPRになればと考え、平成15年に関東学生陸上競技連盟へ申し出を行った結果、第80回大会から最優秀選手賞が設けられ「金栗四三杯」の贈呈がスタートしました。本町から寄贈している「金栗四三杯」のカップは、金栗氏が1911年ストックホルム五輪国内予選会で、当時の世界最高記録を塗り替えて優勝し受賞された時のカップを複製したもので、箱根駅伝の閉会式において和水町長が毎年授与しています。この度開催された第92回を迎えた今大会では、出場21回目の青山学院大学が往路、復路ともに制し、2年連続の総合優勝を成し遂げました。

 また、最優秀選手賞には往路1区(21.3km)で快走を見せ、チームの優勝に大きく貢献した青山学院大学の久保田和真選手(熊本県出身)が選ばれ、福原町長から金栗四三杯が授与されました。

 


 

 
1
2年連続の総合優勝を勝ち取った青山学院大学(記録:10時間53分25秒)

 








 

 

このページに関する
お問い合わせは
社会教育課
電話:0968-34-3047
ファックス:0968-34-2033
メール syakai@town.nagomi.lg.jp 
(ID:1141)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
和水町
(本庁) 〒865-0192 熊本県玉名郡和水町江田3886 TEL:代表番号(0968-86-3111)
(総合支所) 〒861-0992 熊本県玉名郡和水町板楠70 TEL:代表番号 (0968-34-3111)
  [開庁日] 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)[開庁時間] 8時30分から17時15分まで
Copyright(C)2015 Town Nagomi All rights reserved