和水町総合トップへ

農作業安全対策の徹底について

 

農作業事故発生情報(9月)について

  農薬散布車で作業中に作業道から誤って4m下の沢に転落し、死亡されたと推定。(50代男性)

 

トラクター等の安全対策 

 ポイント(1)
 ・安全キャブやフレーム付きのトラクターを使用する。
 ・シートベルトやヘルメットを着用する。
  ポイント(2)
 ・道路は、車両に対して十分な道幅があるか、また、路肩が視認(路肩ポール等を含む)できるかを事前にチェックする。
 ・草が繁茂する時期は、路肩が十分わかるように管理する。
  ポイント(3)
 ・機械の点検・修理時には、必ずエンジンを切ること。
 ポイント(4)
 ・衣服が運転席周りのレバー類に引っかからないように、適切な服装を心がけること。また、転倒したときに最も大事な頭部を守るヘルメットを 
  着用することが重要。

  • PDF 農作業事故注意報(PDF:599.4キロバイト) 別ウィンドウで開きます
  •  

    農薬散布車の安全対策

     (1)使用前
  •    走行・散布作業を開始する前に、エンジン停止して点検する。
  •  (2)運転中の注意
  •    急傾斜では、できるだけギアチェンジをさける。
  •    急傾斜の下り坂では、エンジンブレーキを併用する。
  •    傾斜地での駐車は駐車ブレーキだけでなく、輪止めも行う。
  •    道路走行時は必ずブレーキペダルの左右を連結させる。
  •    高速旋回はしない。特に薬液タンクに薬液が入っている場合には重心が移動するので危険。
  •  (3)散布中の注意
  •    作業する時は、後方の散布状態だけでなく前方の状況も十分注意する。
  •    風向きによって散布方法を変え、作業者や住宅等に影響が出ないようにする。
  •    農薬が飛散しにくいノズルを使用し、適正な圧力で散布する。
  •    散布対象がない方向のノズルは止める。
  •  (4)作業後の注意
  •    農薬が体についたときは、できるだけ早く石鹸でよく洗うこと。
  •    飲食を行う前には、汚れた作業衣なども脱いで、必ず手足や顔をよく洗い、うがいを行うこと。
  •    気分が悪くなったなど少しでも異常を感じたら医師に診てもらうこと。
  •    

 

このページに関する
お問い合わせは
農林振興課
電話:0968-34-3111
ファックス:0968-34-3318
メール noushin@town.nagomi.lg.jp 
(ID:3953)
 「別ウィンドウで開きます」マークのサンプル画像このマークがついているリンクは別ウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
和水町
(本庁) 〒865-0192 熊本県玉名郡和水町江田3886 TEL:代表番号(0968-86-3111)
(総合支所) 〒861-0992 熊本県玉名郡和水町板楠70 TEL:代表番号 (0968-34-3111)
  [開庁日] 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)[開庁時間] 8時30分から17時15分まで
Copyright(C)2015 Town Nagomi All rights reserved