和水町総合トップへ

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)について

ワクチンパスポートについて

 予防接種法に基づいて和水町で実施した新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、令和3年7月26日(月曜日)から海外渡航の予定がある方を対象として「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)」を交付します。

※発行手数料は無料です。

※ワクチン接種は任意であり、接種証明書の発行によりワクチン接種を強制するものではありません。

 

申請を要する方

 以下2つの条件のいずれにも該当する方を対象に交付します。

1 1回目もしくは2回目(またはその両方)接種時に和水町民であって、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けたこと。

2 我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から本証明書を必要とすること。 

 

申請に必要な書類

1 接種証明書交付申請書 

3 本人確認書類(運転免許証等)

4 接種済証または接種記録書

 

 なお、郵送による申請の場合は旅券(パスポート),本人確認書類,接種済証(または接種記録書)の写しが必要です。返信用封筒に必要料金分の切手を貼付のうえ同梱し、和水町健康福祉課まで提出してください。 

 

【送付先】

〒865-0192 熊本県玉名郡和水町江田3886番地 健康福祉課保健予防係 行

  

旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名を使用されている方

 上記の【申請に必要な書類】に加えて以下の書類が必要です。

 ・旧姓・別姓・別名が確認できる書類(例:旧姓併記のされたマイナンバーカード、戸籍、住民票など)※郵送による場合はいずれかの写しが必要です。

 

転出、転入時の取扱いについて

 接種証明書(ワクチンパスポート)は、接種した日の住民票所在地の市区町村に申請する必要があります。

 1回目と2回目接種の間に転居した場合は、2つの市区町村へ接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請をする必要があります。

 

例)1回目のワクチンを和水町で接種し、その後に転居したA市で2回目のワクチンを接種した場合

・1回目のワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請先→和水町
・2回目のワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請先→A市
 

接種証明書(ワクチンパスポート)が利用可能な対象国や具体的な緩和措置について

 外務省のホームページ上で随時更新される予定ですので、下記のリンクから直接ご確認ください。
【外務省海外安全ホームページ】
 別ウィンドウで開きますhttps://www.anzen.mofa.go.jp/(外部リンク)
「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧」からご確認ください。

 
このページに関する
お問い合わせは
健康福祉課
電話:0968-86-5724
ファックス:0968-86-4660
メール fukushi@town.nagomi.lg.jp 
(ID:3473)
 「別ウィンドウで開きます」マークのサンプル画像このマークがついているリンクは別ウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
和水町
(本庁) 〒865-0192 熊本県玉名郡和水町江田3886 TEL:代表番号(0968-86-3111)
(総合支所) 〒861-0992 熊本県玉名郡和水町板楠70 TEL:代表番号 (0968-34-3111)
  [開庁日] 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)[開庁時間] 8時30分から17時15分まで
Copyright(C)2015 Town Nagomi All rights reserved