和水町 観光情報TOP総合トップへ
和水町の観光
foreign language

目の神様

 

目の神様



戦国時代、肥前の竜造寺軍勢が神尾城(城主:大津山家稜)を攻めた時、一人の手負いの武士が、この岩壁の中腹の藤かずらにひっかかり宙吊りになっていたのを小次郎丸の村人達が見つけ下ろしてやったものの、敵の侍と知り怖さのあまり、鍬・鋤等で打ち殺してしまった。 その武将は岩本と名のったという。村人達は敵将とはいえ惨殺したことを後悔して、この地に手厚く葬り、いつの頃からか小さなお堂が建てられ、それを岩本神社と称し、通称『岩本さん』と呼ぶようになった。 それ以来、村人達は、無病息災・家内安泰の祈願所としてたてまつり、また、特に目の病に霊験新たかな神様として祭るようになったと言われている。
 目の神様  耳の神様
 

地図

 
住所:和水町大田黒
【交通アクセス】南関I.C・菊水I.Cから車で15分
 
 

体にまつわる八つの神様ご利益めぐり

八つの神様ご利益めぐりエリアマップ
八つの神様ご利益めぐりエリアマップ
目の神様入口
目の神様入口
和水町では、「八つの神様ご利益めぐりエリアマップ」を作成し、温泉を基点に町内を一周するコースを設定しています。

関連バナー

(ID:37)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
Copyright(C)2015 Town Nagomi All rights reserved