○和水町地域人権教育指導員設置規則

平成18年3月1日

教育委員会規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は、和水町地域人権教育指導員(以下「指導員」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(任用)

第2条 指導員の数は、1人とし和水町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が任用する。

2 指導員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員とする。

(任期)

第3条 任用期間は、その任用の日から同日の属する会計年度の末日までとする。ただし、再任を妨げない。

(職務内容)

第4条 指導員は、教育長の命を受け、次のような職務内容を主なものとする。

(1) 人権尊重の精神のかん養を図る教育、啓発活動

 講演会等の講師

 研修会及び学級、講座等の企画立案、指導助言

 子ども会育成の援助

 効果的な啓発資料の作成

(2) 実態調査

 地域における人権教育、啓発推進上の成果と課題の把握

 市町村及び県への地域における人権教育、啓発に関する情報の伝達

(勤務)

第5条 指導員の勤務時間は、週のうち30時間程度とする。

(年齢)

第6条 指導員の年齢は、原則として70歳未満とする。

(補則)

第7条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成18年3月1日から施行する。

附 則(令和元年教委規則第1号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

和水町地域人権教育指導員設置規則

平成18年3月1日 教育委員会規則第16号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成18年3月1日 教育委員会規則第16号
令和元年12月2日 教育委員会規則第1号