○和水町保育の利用に関する規則

令和3年9月24日

規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第24条第1項及び第2項に規定する保育所、認定こども園及び家庭的保育事業等(以下「保育所等」という。)における保育の利用(以下「保育の利用」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において使用する用語は、法において使用する用語の例による。

(利用資格)

第3条 保育所等を利用できる資格を有する者は、次に掲げるとおりとする。

(1) 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「支援法」という。)第19条第1項第2号に掲げる小学校就学前子どもに該当する児童

(2) 支援法第19条第1項第3号に掲げる小学校就学前子どもに該当する児童

(3) その他町長が特に保育所において保育する必要があると認める児童

(利用の申込み)

第4条 前条に規定する資格(以下「利用資格」という。)を有する児童の保護者は、当該児童の保育の利用を希望するときは、施設型給付費・地域型保育給付費等教育・保育給付認定申請書兼施設利用申込書(様式第1号。以下「利用申込書」という。)に町長が必要と認める書類を添えて提出しなければならない。

(利用の調整)

第5条 町長は、保育の需要等の事情により必要と認めるときは、法第24条第3項の規定により保育所等の利用について調整(以下「利用調整」という。)を行うものとする。

2 利用調整は、町長が別に定める和水町保育所等利用選考要領(平成20年和水町告示第51号)に基づき行うものとする。

(利用の承諾等)

第6条 町長は、保育所等の利用申込書の提出を受けた児童について、利用の承諾を行うときは保育所等利用承諾通知書(様式第2号)により、利用の承諾を行わないときは保育所等利用不承諾通知書(様式第3号)により、当該児童の保護者に通知するものとする。

2 前項に規定する保育所等利用承諾通知書の交付を受けた者が、保育の利用を開始するまでの間に保育の利用を辞退する場合は、保育所等利用辞退届(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(利用の制限)

第7条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、保育所等の利用を承諾しないことができる。

(1) 定員に余裕がないとき。

(2) 児童の心身の状況が保育に堪えないものであるとき。

(3) その他児童が利用することが不適当と認められるものであるとき。

(退所届)

第8条 保育所等を利用している児童の保護者は、当該児童を退所させようとするときは、保育所等退所届(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

(保育の利用の解除)

第9条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、保育の利用を解除し、解約通知書(様式第6号)により、当該保護者に通知するものとする。

(1) 児童が支援法第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子どもに該当することとなったとき。

(2) 前条に規定する保育所等退所届の提出があったとき。

(3) 偽りその他不正の手段により保育所等の利用の承諾を受けたとき。

(4) その他保育の利用が困難であると認められるとき。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、保育の利用に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

和水町保育の利用に関する規則

令和3年9月24日 規則第15号

(令和3年9月24日施行)