○和水町バスツアー誘致推進事業補助金交付要綱

令和4年6月22日

告示第90号

(趣旨)

第1条 この要綱は、貸切バスによる団体旅行の誘客促進により、和水町における観光入込客数及び観光消費額の増加を図ることを目的として、予算の範囲内で交付する和水町バスツアー誘致推進事業補助金(以下「補助金」という。)に関し、和水町補助金等交付規則(平成18年和水町規則第36号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象者)

第2条 補助対象者は旅行業法(昭和27年法律第239号)第3条の規定に基づく登録業者(以下「旅行業者等」という。)とする。

(補助対象事業)

第3条 補助対象事業は、旅行業者等が行う企画旅行又は手配旅行(以下「企画旅行等」という。)のうち、次に掲げる要件を全て満たすものとする。

(1) 公益社団法人日本バス協会会員が所有する貸切バスを利用する旅行であること。

(2) 旅行の出発地が和水町外であること。

(3) 参加人数(バス運転手、ガイド等の乗務員及び添乗員を除く。)がバス1台あたり10人以上であること。

(4) 行程中に別表第1の和水町観光ボランティアガイド団体等を1団体以上利用すること。

(5) 行程中に別表第2の和水町内の特産品等の販売施設又は和水町内の飲食店等を1箇所以上利用すること。

(6) この要綱の施行日から令和5年1月31日までに実施される旅行であること。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、企画旅行等の参加者1人当たり2,000円とし、1回の企画旅行等につき50,000円を上限とする。

(交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする旅行業者等は、対象となる企画旅行等の出発日の5日前までに、和水町バスツアー誘致推進事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書(様式第2号)

(2) 企画旅行等の行程が分かる書類

(3) その他町長が必要と認める書類

(交付決定)

第6条 町長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査の上、交付の可否を決定し、和水町バスツアー誘致推進事業補助金交付(不交付)決定通知書(様式第3号)により交付申請者に通知するものとする。

(申請の取下げ)

第7条 交付申請者は、前条の規定による補助金の交付の決定を受けた場合において、対象となる企画旅行等を実施しないときは、その企画旅行等の当日までに当該申請を取下げることができる。

2 前項の規定による申請の取下げがあったときは、当該申請に係る補助金の交付決定はなかったものとみなす。

(実績報告)

第8条 第6条の規定により交付の決定を受けた者は、企画旅行等の終了後1週間以内に、事業報告書(様式第4号)に次に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(1) 実施した企画旅行等の行程が分かる書類

(2) 貸切バス利用証明書(様式第5号)

(3) 和水町観光ボランティアガイド等利用証明書(様式第6号)

(4) 施設利用証明書(様式第7号)又は飲食店等利用証明書(様式第8号)若しくはその両方

(5) その他町長が必要と認める書類

(補助金の額の確定)

第9条 町長は、前条の規定による報告を受けたときは、当該報告に係る書類等の審査により、交付すべき補助金の額を確定し、和水町バスツアー誘致推進事業補助金交付確定通知書(様式第9号)により旅行業者等に通知するものとする。

(補助金の請求)

第10条 旅行業者等は、前条の規定により当該通知を受けた後、速やかに和水町バスツアー誘致推進事業補助金交付請求書(様式第10号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の請求書の提出があったときは、当該請求に係る書類等の審査を行い、速やかに補助金を交付するものとする。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行する。

(有効期限)

2 この要綱は、令和5年3月31日限り、その効力を失う。

別表第1(第3条関係)

和水町観光ボランティアガイド団体等

1

和水町観光案内の会

2

ふるさとガイドの会

3

みかわ手漉き和紙保存会

別表第2(第3条関係)

和水町内の特産品等の販売施設

1

菊水ロマン館

2

きくすいの里

3

和水町緑彩館

4

花の香酒造

様式 略

和水町バスツアー誘致推進事業補助金交付要綱

令和4年6月22日 告示第90号

(令和4年6月22日施行)